ステラー財団

ステラー財団

目次
  1. ステラー財団とは何か?
    1. ソフトウェア開発
    2. 役員会
  2. 資金調達
    1. 財団の継続的資金調達と競売
  3. プログラム
    1. 「ハロー・ワールド」プログラム
    2. 「無銀行からウルトラ銀行へ」プログラム
    3. ビットコイン・ベータ版プログラム


ステラーは非営利の財団です。
私達の使命は金融リテラシーとアクセスを全世界に拡張することです。
個人が金融サービスへのアクセスを持ち、それらのサービスが彼らの最高の利益のために機能するという信頼を持つ時、彼らは自主的に自身の生活を改善することができます。未だに現在の金融システムは非常に経費が高く複雑であり、数百万もの人々を傍観者のままにしています。 
正に、インターネットが誰でも電子メールを送信し、あるいはブログを作成することを可能にしているように、ステラーの共通金融プラットフォームは今や手数料や面倒な手間がなく、あなたが容易にデジタル・マネーを送付し、預金し、受領することを可能にします。
このオープン・ソースのシステムを支えるプロトコル開発することに加え、私達は確実にこの変遷から誰一人取り残されないようにすることに専念しています。この最後まで、ステラー開発財団はすべての人に金融インターネットと彼らに利益を与えるこの技術をどのように活用するかについての世界的な教育プログラムを運営します。

財団の活動の一つは、a) ステラー・システムを支援するオープン・ソース・コードに寄与するため、そしてb) 財団の使命である教育とアクセスの拡張を前進させる無料、非商用のツールを構築する目的でソフトウェア開発チームを維持することです。これにより、いずれの地域の開発者及び個人も、彼ら自身の要望によりローカライズする前に、彼らが開始できるベースラインのコードを持つことが上手く行けば可能となります。
財団は、必要に応じて随時開発を加速させ、プラットフォームのセキュリティを増加させるために、バグ退治の報奨金やその他の開発者プログラムのためにステラーを割り当てることができます。そのようなプログラムやバグ退治の報奨金は公開される四半期予算に報告されます。

当初の役員会は、パトリック・コリソン、ジョイス・キム、ジェド・マケーレブの三人から構成されます。当初の役員はジェド・マケーレブ、パトリック・コリソン、クリスチャン・ラダーです。役員会は2014年末までには少なくとも5人態勢に拡張される予定です。


財団はStripe.com から当初の貸付金$3,000,000を受領しました。財団は、当組織の目標と原則に賛同する更なる企業や機関からの財務上の後援協定により、寄付を受け付けることを選択する場合もあります。さらに、当財団は活動資金のために当初のステラーの最大5%を使用することが認められています。

最初の寄付から、財団は活動のためにステラーの最大5%までを使用することができます。財団は、月ごとにこの割り当てからステラーを競売で売却する場合があります。競売の目的は財団の進行中の活動に資金を提供することです。競売は各月に一日だけ開催されます。
競売にかける量は現在の四半期予算の1/3に設定されます。競売は執行役員により指名された者により実施/管理されます。
競売は分散両替の内部で催され、以下に示す様式で実施されます。:
私達が調達する必要がある量の売値と買値の間の中間で売り注文を提出する。
この注文の一部がある時間内に受け取られない場合には、より値を下げる。
注文が満たされるまで2回繰り返し、そして競売額は上げられます。
財団は公衆から寄付を受け取る場合もあります。


ステラーの50%は「ハロー・ワールド」プログラムのために取って置かれます。プログラムの目的は、金融リテラシーと金融サービスへのアクセスについて人々を教育することです。私達の目標は500億ステラーの初期の割り当てを5年かけずに3年間で配布することです。
最初の「ハロー・ワールド」プログラムへの登録はFacebook を通して行われます。Facebookは最大の身元のデータベースであり、私達の目標は私達の資金を使い果たす前に私達の教育プログラムをできる限り多くの人に提供することであるので、私達はFacebook を初期のログインの方法論として利用しています。それゆえ、私達が複製あるいはスパム・アカウントを排除できるシステムを私達は必要とします。
私達は誰でも訪れて登録できるウェブサイトを設置する予定です。私達はまた、詐欺行為のアカウントや複数のFacebook アカウントを持つ人々を排除するために、合理的で最大の努力を払う予定です。一旦「ハロー・ワールド」プログラムが開始されると、財団はFacebook アカウントを持つ必要なくより多くの人々がアクセスできるようにするために、SMSやその他のオンライン経路を含めたステラー配布のための代替経路で業務を開始します。
本プログラムに参加する人々は、オンライン金融ツールの使用方法を学ぶために利用するアカウントへ資金を入れるために最初のステラーのグラントを受けます。さらに、教育指導を修了すると特別なステラーの報酬を得ます。
私達は少なくとも「ハロー・ワールド」プログラムへ各月に以下の人数を受け入れることを誓約します。
1月目: 10000人、2月目: 20000人、3月目: 50000人、4-12月目: 100000人/月、12月目より後: 技術的制約によってのみ上限が抑えられる
私達はこれらの数よりも幅広く提供することも想定しており、その数はネットワークのスケーラビリティーによってのみ制限を受けます。一旦、これらの月ごとの制限人数に達した場合には、人々は待機リストに載せられ、より多くのスペースが利用可能になるとプログラムへ受け入れられます。 毎日私達は人々を待機リストから外し、彼らをシステムへ追加します。私達は相互に接続している人々のグループがシステムを利用する際に、ステラーが最も役に立つと信じています。これを考慮して、私達は地理的な地域、ローカライズされた言語でのツールの可用性、あるいはシステム内での友人の数等のある基準に基づき順番から外れて人々を参入させる場合があります。

ステラーの25%はその他の非営利組織へのグラントのために取って置かれます。非営利プログラムの目標は財団が、「ハロー・ワールド」プログラムに含まれるオンラインやモバイル経路へのアクセスを持たない、サービスの行き届いていない人々(提供するのが最も困難)へ提供できるようにすることです。
非営利組織は、彼らがどのようにしてサービスの行き届いていない人々へステラーを配布するかについて概略を記したグラントの提案を提出することが求められます。グラントの申請過程は執行役員により設置及び指示されます。グラントの申請は承諾のために財団によりレビューされます。非営利プログラムのために当初保留されるすべての資金は、財団の形成から10年以内に非営利組織へ配布されます。私達は発展途上国での携帯電話の浸透が非常に急速に増加しており、更なる時間によりそれらの地域に住む個人へより素晴らしいアクセスを提供する本プログラムを運営できると信ずるので、特別な時間が非営利プログラムへ割り当てられます。

ステラーの20%はビットコインとXRPの所有者へ配布するために取って置かれます。
ビットコインに対しては、配布は6か月以内に開始されます。開始後12か月経過しないある日に一つの請求イベントが催されます。私達は請求イベントの際に元帳のスナップショットを撮ります。ビットコイン所有者がスナップショット元帳内のビットコインを保管しているアドレスを彼らが管理していることを証明できる請求ページがあります。彼らはその後、ビットコイン・ベータ版プログラムへ割り当てられている比例配分の取り分のステラーを受領します。当財団はこの請求サイトを少なくとも12か月間維持します。この期間後に未請求のステラーが存在する場合には、それらはその他のプログラムへ算入されます。

  • 最終更新:2014-08-16 17:13:29

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード