フィルメサ

フィルメェサ

コンセンサス・プロセスは「タンブル・アルゴリズム」により規定される規則に従って、発生します。タンブリング・プロセスは反復的で且つ決定論的です。検証ツール・ノードが特別な元帳をクローズしようと試みる際に、それらはこのコンセンサス・プロセスを複数ラウンド行います。参加しているすべてのノードは、それらが元帳に含められるべきと信ずる提案されるバージョンのトランザクション・セットを提示することにより開始します。トランザクション・セットは本質的にそのツリーのルート・ハッシュです。ノードはその後それらが信頼するノードから提案されるすべてのトランザクション・セットを受け取ります。次に提案されたすべての異なるトランザクション・セットは、あるノード及びそのUNLの中で比較されます。この最初のラウンドにおいて、50%の合意があるトランザクションは次のセットに含まれます。その次のラウンドでは、元帳に含まれるべきトランザクションに対する共通の合意のための閾値は50%から60%に上昇します。各連続したラウンド毎に、評価されるべきトランザクションに必要とされる対応した閾値の増加があります。80%のコンセンサスに達した際に、そのトランザクションは元帳に記載され、正当なものとして合意されます。

  • 最終更新:2014-08-16 17:12:56

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード